過去記事を検索

『安いモノには、ムリがある』 安全な食品を選ぶために考えること

食品を買うとき、何を買おうか悩んだら…

ついつい安いものを選びがちかもしれませんね。

町へ行くと、安いモノはたくさんあります。
知識を持つと、体にいいモノと悪いモノとがわかってきます。
体に悪くないモノは、無農薬など、やっぱり手間をかけています。
同じ野菜でも、冷凍野菜は土地が安いところで化学肥料で作っています。
季節が外れているモノには、あまり栄養度がありません。
旬で栄養のあるモノは高いのです。
毎日毎日安いものを食べていると、体を壊して寝込みます。
入院すると、収入がなくなるわ、入院代月かかるわで、結局はマイナスです。
常に「これはどうしてこんなに安くできるんだろう」と考えると、「タダより高いものはない」「安いものは結局高くつく」とわかります。

セクシーなお金術-中谷彰宏より引用。

11061761_472547902912789_3408240427471492002_n

旬の野菜は安いはず、ですけどね。

調味料など、同じようでいて値段が高い、安いと別れるものは、パッケージの裏に記載してある原材料名を見るといいです。

安物は食品添加物が満載です。

食品添加物を加えるとかさ増しします。

量が増えればその分、安くできるんです。

目の前にある商品が、

なぜ安いのか?

なぜ高いのか?

考える習慣をつけてみませんか?

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

登録も解除も2クリック
↓↓↓

友だち追加(検索 ☞ @skp9162n
《原口 ひろみ 公式LINE@》174名が登録中

無料質問受付中・・・LINE@では一対一の秘密のトークができるのでお気軽に登録してください。

メルマガ形式で情報を不定期配信中。

《LINE@登録特典》

★食品添加物の小冊子
★自分の体で相性の良いものをみつけるアナログのテスト法を解説した動画

健康情報、最新情報、限定音声を受け取りたい方はぜひ登録してください。

スポンサーリンク

最後まで読んでくれたヒトはFacebookなどSNSでぜひシェアしてください٩( ᐛ )و↓↓↓