過去記事を検索

子どもが生まれたらやりたいことを、今やる

患者さんの中には、病院に通うために楽しみを制限している方もいます。

とある患者さんで、「子どもが生まれたらキャンプに行きたい」と言っている方がいました。

その方に「それ今やるんですよ」と

お話ししたら、

「確かに子どもが生まれてから行こうだったらぶっつけ本番になりますからね」なんて笑って「行ってきます」ってなりました

スポンサーリンク




で、行ってきた

「この間、キャンプに行ってきたんですよ〜」とお話をしていただきました。

犬を連れて、仲良しファミリーさん家族とで行って、自然の中で癒され、日帰り温泉を堪能して、とリフレッシュできて「楽しかった〜」とすっかりリラックスした穏やかな表情でした。

妊活に向けて、クリニックに通って、治療院に通って、食事に気をつけて…というのは淡々とこなしつつ

「そんなことよりキャンプ楽しいぜウェーイ\(^o^)/」

が大切なんですね(笑)

次の移植に向けて治療をしていますが、

私が

「○○さんは『夫婦揃って穏やかな気持ちで治療できるようになってよかったです』ってニコニコしていますよ」

と院長に報告したら、

この○○さんが治療院に行き始めた頃、別の先生が担当していたのですが、そのとき担当していた先生は「○○さんはとても不安が強い人」と評価していたそうで。

あら。

私が担当することで…

気持ち穏やかになったわけ♪

このかた、私が担当して、マインドの変化をもたらすようにすこしずつお話をしているので、その成果が実を結んだ感じですね。

マインドが変われば、あとは勝手にやっていけるので、いまは私が穏やかなオーラをだしてい患者さんに癒されるくらいです。

そして

「移植の日程近くが『結婚記念日』でうまくいくかどうかはわからないけど、お腹の中にいるわけで、主人と、犬と、家族4人でおうちで体にいいものを食べてすごしたいと思います」

とのことでした。

体外受精ってすごくストレス

私は患者さんに「今ここ」に集中する心のあり方をお話ししています。

そうしないと、たとえば「胚盤胞に育ったかどうか、クリニックに○日後に電話をしてください」なんて言われるので

「ちゃんと胚盤胞までそだってるかしら?」なんて心配して、なかなか日ごろのことに集中できません。

今回紹介した患者さんは、採卵しても空胞ばかりだったのが、ファスティングも2回おこなってくれたのもあいまって受精卵がすごくいい感じに育ち、さらに男性不妊だったご主人も採卵前に治療院に来て治療を受けたら数値が改善して、そこで受精させたら見事に受精して!

と一気にうまくいったのです。

「ここまでうまくいくと正直、うまくいくんじゃないかと期待がかかりますよね」

とドキドキしていました。

そうして緊張するのも自然なことなので、期待しちゃうもんだし!

と開き直ってしまうほうがいいですね。

鍼灸治療でもストレスを緩和する効果があるので、移植の前後に受けるのはオススメです。

追記

こちらのエピソードの患者さんは後日の移植で着床しました。

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《LINE@で質問・感想も「無料で」受付中》
LINE@でのトークは1対1なので気軽に話しかけてください(^∀^)
あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)⇒LINE@の過去の配信や相談はコチラ

《こんなことに思い当たりませんか?》
□気を遣いすぎて気づかれしてしまう。
□仕事が終わるとクタクタ。
□寝落ちして体が休まらない。
□朝起きるとダルくて疲れが抜けていない。
□体になにか良いことをしようと思うけど、どうしたらいいかわからない。

《LINE@でエネルギーマネジメントのコツを不定期配信中》
エネルギーマネジメントをするとこうなります★
□体力を温存できるからできることが増える
□朝すっきりと目覚めて気分が良く1日が始まる
□やる気が湧いて行動力が出てくる
□自分がやりたいことにエネルギーを注げるから人生が充実する
□ちょっとした元気になるコツを知ってすぐに実践できる

《登録無料・解除2クリック!》
エネルギーの浪費を避け、本当に注ぐべきところにエネルギーを投資する! エネルギーマネジメントをして元気で楽しい日々を送りたい方は、ぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク