【幸せになる方法】感情の22段階のレベルのうち、自分がどこに居るのかを把握しよう

妊活中は、なかなか授からない不安やいらだち、ホルモン剤の副作用からくる精神不安定など、感情が乱れている方がとっても多いです(・д・)

今回は22段階に分けられた感情の一覧を見てみて、自分が普段はどのへんの感情を感じているかな?と意識してみてください。

1の感情を感じられているとかなり精神的に安定していますが、22にいけばいくほど、だんだん精神衛生がよろしくない状態になっていきます。

スポンサーリンク

感情の22段階のレベル

  1. 喜び、大いなる気づき、自信、自由、愛情、感謝
  2. 情熱
  3. 熱意、やる気、幸せ
  4. ポジティブな期待、信念
  5. 楽観
  6. 希望
  7. 満足
  8. 退屈
  9. 悲観
  10. ストレス、いらだち、短気
  11. 戸惑
  12. 落胆
  13. 疑い
  14. 心配
  15. 非難
  16. 失望
  17. 怒り
  18. 復讐
  19. 敵意、激怒
  20. 嫉妬
  21. 自身喪失、罪悪感、自己卑下
  22. 恐れ、苦悩、憂鬱、絶望、無気力

感謝していますか?

幸せですか?

満足していますか?

失望していますか?

恐れがありますか?

「誰/何に対して」どの感情を感じているか?

①あなたは、妊娠できたら、どんな気持ちを感じるでしょうか?

②友達など、他の女性が妊娠・出産したことを聞いたらどんな気持ちでしょうか?

③小さなお子さんを見たりした時、どんな気持ちになりますか?

22段階の感情の中から「これかな」というのを選んでみてください。

①と、②、③の間に、感情の隔たりはあるでしょうか?

仮に、自分が妊娠できたらきっと 3.幸せだと思うだろうな、と思う一方、

他人の妊娠・出産報告を受けて20. 嫉妬してしまったり、

中には小さなのお子さんを見るのも、声を聞くのも嫌という19.敵意を感じてしまう方も。

それ以外にも、不妊治療を始めたばかりの人は、治療そのものがよくわからないので11.戸惑 を感じたり、

また今週期も妊娠できなかった、と12.落胆したり

このまま妊娠できないのではないかという22.恐れを抱いたり

不妊治療費が高額になることを14.心配したり、

ホルモン剤の副作用で22.憂鬱な気持ちになっている方も。

もろもろから、ご主人と喧嘩して10.いらだちを感じたり、

こんなネガティブな気持ちを抱いてしまう自分はなんて心が醜いんだ、と21.自己卑下したり

①から③までできるだけ上位の感情を感じられるようにする。

そのとき、

もし妊婦さんやお子さんを見て悲しかったり嫉妬したりするような気持になるようなら、それはそれいったんで素直に入れてください。

嫉妬するのは良くない!とか自分を責めないで大丈夫。

落ち着いているときに、頭の中でイメージした妊婦さんやお子さんに対して「妊娠しておめでとう」「生まれてきたんだね、よかったね」と声をかけてみてください。

そのときに、じわ~んと、嬉しい気持ちや、祝福する気持ちになれたらいいですが、なれない場合は、口先だけで「良かったね」とつぶやいてください。

その気がなくても、その言葉を念仏のごとく唱えるだけでも脳が認識し、やがて①から③まで全てに対して「楽しい」とか「感謝」とかの気持が感じられるようになります。

まずは、自分がどんな感情を感じているのか、知ってみることから始めましょう。

《登録者40人超★心も体も人生も良くなる無料メールマガジン》

お役に立つ情報を無料で不定期配信中。

イベント・サービスについてもメルマガ内でお知らせしております。

メールマガジンのご登録はコチラから

最後まで貴重なエネルギーを使って読んでくれてありがとうございま。イイネ!シェア歓迎です♪