過去記事を検索
スポンサーリンク

足指の骨折後の違和感が鍼灸で改善

見出し(クリックで移動)

足指を強打して実は骨折したのに気付かず、1ヶ月経っても痛みが引かないので、そこでようやく整形外科を受診したら「骨折してますね。でも1ヶ月うごきまわっているから、変な形にくっつきかけていますね」と言われてしまった、という患者さん。

こういうケース、案外あります。「まさか骨折してるとは思わなかった」と。

状況

骨折してから9ヶ月経過しても違和感が続き、歩きづらいということでした。骨折したのは中指と薬指。写真ではわかりづらいですが、紫色に変色しています。糖尿病も罹患している方なので、末梢の血流が良くありません。

歩きづらいと→運動不足→血行不良というループにはまるとよけい症状が改善しなくなりますね。

治療

骨そのものをどうこうすることがはできませんが長伸筋筋を動かしやすくしたり、腱のきしみを緩和したりすることができます。

長指伸筋腱(中指、薬指)に鍼を二本打ち、近位に台座灸を一個乗せました。鍼を抜いた後「ていしん」という触れる鍼で指を遠位から近位にむけてこすると、皮膚の色が紫色からいわゆる肌色に変わりました。

一度の治療で歩きやすくなったと患者さんは感じたそうですが、2回の治療で「足が軽い」というところまで変わったようです。

このように、骨折後の違和感にも鍼灸が良い影響を与えますので、受けたことがない方はぜひ鍼灸を試してみてください。

では、ここまでお読みいただきありがとうございます。

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《質問・感想も無料受付中》

あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)
読むだけで心も体も元気になる情報を不定期配信中。サロンの情報・限定情報・最新情報を受け取りたい方はぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
《LINE@登録はこちらから》
おもに体のこと、健康ネタについて配信しています。体が整えば好きなことがやれるし、心も安定するのだ!
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク