足指の骨折後の違和感が鍼灸で改善した事例

足指の骨折後の違和感が鍼灸で改善した事例

足指を強打して実は骨折したのに気付かず、1ヶ月経っても痛みが引かなかったというとある患者さん。

 

そこでようやく整形外科を受診したら

「骨折してますね。でも1ヶ月うごきまわっているから、変な形にくっつきかけていますね」

と言われてしまった!

 

とのことでした。

 

 

こういうケース、案外あります。

 

「まさか骨折してるとは思わなかった」と。

 

今回はこのような骨折後、数ヶ月経過しても違和感が残ったケースで、鍼灸治療をしたら著効した例についてご紹介します。

来院時の状況

  • 骨折してから9ヶ月経過しても違和感が続き、歩きづらい。
  • 骨折したのは中指と薬指。
  • (写真ではわかりづらいですが)その皮膚は紫色に変色。
  • 糖尿病も罹患=末梢の血流が良くない。

 

《骨折の影響で歩きづらい→運動不足→血行不良→治りづらい》というループにはまっている模様。

治療内容

骨そのものを鍼灸マッサージによりどうこうすることがはできません。

 

しかし、

《長指伸筋》という指の動きに関する筋肉の柔軟性を取り戻し、動かしやすくしたり、腱のきしみを緩和したりすることができます

 

ということで、全身治療がベースではありますが、局所に関しては

  1. 長指伸筋腱(中指、薬指)に鍼を2本打ち、近位に台座灸を一個乗せる。
  2. 鍼を抜いた後「ていしん」という触れる鍼で指を遠位から近位にむけてこする。

としました。

結果

客観的に目視できるものとして、皮膚の色が《紫色》からいわゆる《肌色》に変わりました

 

肌の色が良くなるのは、血流が改善しているという指標になります。

経過

1回目の治療後:歩きやすくなったと感じた。

 

2回目の治療後:「足が軽い」と感じた。

 

骨折後の違和感にも鍼灸が良い影響を与える!

というわけで

「もうそろそろ治るころだと医者には言われたけど、痛みや違和感が改善しないな・・・」

という方は、鍼灸を選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか。

鍼灸適応症カテゴリの最新記事