過去記事を検索

ツボに鍼が当たると、スルッと入る

先日、担当した新患さんは、中学生の頃から鍼灸の経験があるという方でした。鍼を受け続けているうちに、鍼をされたときにツボを捉えたか否かで「鍼の体への入り方」が異なることに気づいたそうです。

なんでも、

「ツボに鍼が当たるとスルッと入るけど、そうでないところに鍼をすると粘土みたいに硬くて鍼が入らなくて痛みを感じる」

とのことでした。

私の経験としても、コリが強い部分は筋膜が硬くて鍼が「入りにくい」ときもありますが、それとはまた違って、完全に鍼が「入らない」ケースが稀にあるので、これはツボを外していると言えるでしょう。

また、灸をすると際も、ツボにすえると熱が「吸い込まれる」と言われたりします。

ツボとは、施術者の触診で硬結を探り、患者さんの圧痛を確認して見つけるもので目視しづらいものですが、なんらか刺激を受け入れやすい部位といえるでしょう。

では、ここまでお読みいただきありがとうございます。

登録も解除も2クリック
↓↓↓

友だち追加(検索 ☞ @skp9162n
《原口 ひろみ 公式LINE@》174名が登録中

無料質問受付中・・・LINE@では一対一の秘密のトークができるのでお気軽に登録してください。

メルマガ形式で情報を不定期配信中。

《LINE@登録特典》

★食品添加物の小冊子
★自分の体で相性の良いものをみつけるアナログのテスト法を解説した動画

健康情報、最新情報、限定音声を受け取りたい方はぜひ登録してください。

スポンサーリンク

最後まで読んでくれたヒトはFacebookなどSNSでぜひシェアしてください٩( ᐛ )و↓↓↓