過去記事を検索

睡眠時間4時間以下の人は肥満率が劇的に高まる

睡眠不足と肥満とに、関係があるんです!

通常、食後20〜30分が経過すると、食欲抑制ホルモン=レプチンが分泌され、脳の視床下部にある満腹中枢を刺激し、満腹感が得られます。

一方、お腹が空くと胃から食欲増進ホルモン=グレリン分泌され、視床下部に働き、「食べたい」という欲求が生まれます。

5時間睡眠の人は8時間睡眠の人に比べてレプチンの血中濃度が15.5%少なく、グレリンは14.9%高いことが研究により明らか担っているようです。

※なぜこのように分泌されるのかは未解明。

これにより、平均睡眠時間は4時間以下の人は、7〜9時間睡眠の人より、73%も肥満になる確率が高くなるんです。

5時間睡眠だと50%、6時間睡眠だと23%肥満になりやすいというデータもあるようです。

私が7〜9時間睡眠だった時、体重が60kgオーバーだった時もあるので、睡眠だけが肥満の原因とはとは言いがたいですが、リスクが高くなるということですね。

多忙で短時間睡眠を強いられる方が多いかと思いますが、徐々に太っていき、疾患のリスクが高くなって・・・という悪循環にはまる前に、意図的に睡眠時間を確保できる方向へシフトすると意識しましょう!

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《LINE@で質問・感想も「無料で」受付中》
LINE@でのトークは1対1なので気軽に話しかけてください(^∀^)
あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)⇒LINE@の過去の配信や相談はコチラ

《こんなことに思い当たりませんか?》
□気を遣いすぎて気づかれしてしまう。
□仕事が終わるとクタクタ。
□寝落ちして体が休まらない。
□朝起きるとダルくて疲れが抜けていない。
□体になにか良いことをしようと思うけど、どうしたらいいかわからない。

《LINE@でエネルギーマネジメントのコツを不定期配信中》
エネルギーマネジメントをするとこうなります★
□体力を温存できるからできることが増える
□朝すっきりと目覚めて気分が良く1日が始まる
□やる気が湧いて行動力が出てくる
□自分がやりたいことにエネルギーを注げるから人生が充実する
□ちょっとした元気になるコツを知ってすぐに実践できる

《登録無料・解除2クリック!》
エネルギーの浪費を避け、本当に注ぐべきところにエネルギーを投資する! エネルギーマネジメントをして元気で楽しい日々を送りたい方は、ぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク