過去記事を検索

大会前のコンディショニング調整にも鍼灸を取り入れてみて★

リオオリンピックで、競泳のフェルプス選手の体にカッピング痕がついていたおかげで、東洋医学によるアスリートのコンディショニングがちょっと脚光を浴びたんじゃないでしょうか。

大会前は練習をたくさんしたい!と思う反面、体に疲れが蓄積してきますが、鍼灸で疲労回復、疼痛緩和、内臓調整、精神安寧などなど、アスリートをサポートできます。

選手は自分でストレッチしたりもしていますが、だんだんセルフケアでもハードな練習による筋肉疲労の蓄積を解消できなくなってきます。

背中に鍼をしているところ。足や、前側も施術しております。

術後は動きを確認してもらい、動く時に気になっていた腰の痛みが緩和しました 。

登録も解除も2クリック
↓↓↓

友だち追加(検索 ☞ @skp9162n
《原口 ひろみ 公式LINE@》174名が登録中

無料質問受付中・・・LINE@では一対一の秘密のトークができるのでお気軽に登録してください。

メルマガ形式で情報を不定期配信中。

《LINE@登録特典》

★食品添加物の小冊子
★自分の体で相性の良いものをみつけるアナログのテスト法を解説した動画

健康情報、最新情報、限定音声を受け取りたい方はぜひ登録してください。

スポンサーリンク

最後まで読んでくれたヒトはFacebookなどSNSでぜひシェアしてください٩( ᐛ )و↓↓↓