過去記事を検索
スポンサーリンク

あなたは大丈夫? 隠れ動脈硬化にご用心

健康に気を使っている方は、コレステロール、血圧、血糖値、尿酸値など気にするかもしれませんが、加えて「ホモシステイン」の血中濃度を意識してみてはいかがでしょうか

ホモシステインとは

ホモシステインとは、たんぱく質の代謝の家庭でできるアミノ酸の一種。ホモシステインの血中濃度が高まると、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、アルツハイマー型認知症、発がんのリスクも高めます。

健康診断で異常がなく健康的に思えた方が突然、心筋梗塞を発症した場合、ホモシステインの値が高いケースがあります。ホモシステインの検査は自費診療であり一般的ではないので、定期的に健康診断を受けている人でも見落とされがちです。

ホモシステインは、ビタミンB6、B12、葉酸が不足すると血中濃度が高くなります。

ビタミンB6が多い食品

レバー、カツオ、マグロ、ニンニク、酒粕など他多数。

ビタミンB12が多い食品

アカガイ、スジコ、レバー、アサリ、サンマ、イワシなど他多数。

葉酸が多い食品

レバー、枝豆、モロヘイヤ、芽キャベツ、パセリなど他多数。 

動物性食品も含めてバランスよく食べましょう

上に挙げた3つの栄養素の中で、ビタミンb12の摂取は動物性食品に限定されます。動物性食品を一切摂らないヴィーガンの方は、健康的な食生活であるかのように思えますが、ビタミンB12の欠乏に気をつけねばなりません。

動物性食品の代わりに食物酵母菌由来のニュートリショナルイーストからビタミンb12の補給ができ、チーズの代替品として用いられています。サラダにかけたり、楽しんでみるのも良いでしょう。

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《質問・感想も無料受付中》

あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)
読むだけで心も体も元気になる情報を不定期配信中。サロンの情報・限定情報・最新情報を受け取りたい方はぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
《LINE@登録はこちらから》
おもに体のこと、健康ネタについて配信しています。体が整えば好きなことがやれるし、心も安定するのだ!
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク