日本でもミトコンドリアを卵子に注入する臨床研究開始

NO IMAGE

海外で老化した卵子へミトコンドリアを注入するという新技術を用いて不妊治療をしはじめていますが、このほど、日本でも臨床研究が認められました。

毎日新聞より引用

日本産科婦人科学会(日産婦)の倫理委員会は12日、高齢出産での妊娠率向上などを目指し、自分の卵巣の中から採取したミトコンドリアを卵子に注入する自家移植治療について、臨床研究として実施することを初めて承認した。

体外受精や顕微授精といった高度生殖医療をもってしても、現代不妊の大きな原因である「卵子の老化」に対しては効果的ではなく、妊娠率向上には至りません。

 ミトコンドリアは、細胞の中でエネルギーを作り出す小器官。自分のミトコンドリアを卵子に入れることによって「卵子が活性化し、若返る」とされているが、その効果や安全性は分かっていない。ただ、他人ではなく自分のミトコンドリアを使用するため、倫理的な問題は少ないと判断した。海外では200例以上実施されており、二十数例の出産例があるが国内での実施例はないという。

ミトコンドリアを卵子に注入することで本当に「卵子の若返り」に効果的かは現段階では不明ですが、

この移植治療は取り出した患者自身の卵巣組織の一部から、卵巣の細胞を採取してミトコンドリアを抽出し、体外受精の時、患者の卵子に、精子とともにこのミトコンドリアを注入することから、倫理的問題が少ないとみなして、

とりあえず検証やってみようぜ!というわけですね。

ミトコンドリアは全ての細胞内にあり、エネルギーを作り出す役割を持つ。加齢で卵細胞内のミトコンドリアの量が減ったり、遺伝子変異が増えたりすると、エネルギー供給が不十分になり、卵子の成熟や受精などが妨げられ、受精卵も着床しづらくなると考えられている。

とのこと。

将来、この新技術が導入されるとして、一体いつなのか?

始まったとして、常に法整備が技術に追いつかないので自費診療スタートで、1度の金額が数十万円〜数百万円(ミトコンドリアを注入する卵子の数×金額=!!??)いくのでないでしょうか。

ミトコンドリアは、自然なかたちで活性化できます。日常生活で自分ができることをまず実行していきましょう。

併せて読みたい

ミトコンドリアの活性度が卵子の質を左右する

不妊女性が卵子の質改善により出産@アメリカ

未分類カテゴリの最新記事