体内で大切な働きをするコレステロール

健康診断で数値を気にされやすいコレステロールですが、近頃はコレステロールも血圧も、「ちょっと高め」くらいの方が健康的であると言われ始めています。

そんなコレステロールには、大きくわけて3つの働きがあります。

  1. 全身の細胞膜を作る
  2. ホルモンの原料となる
  3. 胆汁酸の原料となる

コレステロールの3つの働き

全身の細胞膜を作る

人間は約60兆個の細胞で作られていますが、細胞膜とは、その細胞の内側と外側とを隔てる生体膜のこと。細胞膜があるおかげで細胞は内部環境を一定に保つことができたり、特定の物質だけを通過させます。

ホルモンの原料となる

コレステロールを原料とする副腎皮質ホルモン、性ホルモンを作ります 。またビタミンDは、紫外線とコレステロールから作られますます。

胆汁酸の原料

胆汁酸とは、肝臓から排泄され、食物脂肪の入荷を促進することで消化を助けます。

コレステロール値が低いと、これらの生理的機能に問題が起きる

コレステロールの7〜8割は肝臓で構成され、残りは食事から摂取します。たとえ食事でとりすぎても肝臓での合成量を減らすことで全体量を調整するため、コレステロール値が急上昇することはありません。

コレステロール値が高いからといって、薬で下げてしまうと、妊娠希望する女性の場合は性ホルモンの分泌量にも影響を受けるかもしれません。

コレステロール値が低い人は、食事から摂取しましょう

良質なコレステロールの補給源として、も良いですが、さらにバターがオススメです。

製菓材料としても人気のあるよつ葉の無塩バターが高品質で、美味です。品薄状態が続いていますが 、見かけたら、ぜひ買ってみてくださいね。

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。