慢性腎不全患者へマッサージする場合はインフォームドコンセントをしましょう

慢性腎不全の患者さんは人工透析のために1日に何時間もベッドで寝ていなくてはいけないので、肩こりや腰痛が出てきます。

「体のコリを解消するために運動する」のは一般論ですが、「慢性腎不全の患者さんは運動で疲れ過ぎると腎臓に負担がかかる」という難しいところにいます。

そういう方はマッサージや鍼灸などで血流改善すると体調管理に役に立ちますが、特に施術が始めてである慢性腎不全の患者さんに施術をするにあたり、事前にお話ししておいたことが良いことがあります。

 マッサージをしたあと、感覚が正常になることで一時的に痺れを強く感じる場合がある

たとえ人工透析をしていても、慢性腎不全の患者さんは健康的な状態と比べて体がむくみます。

むくむということは「冷え、圧迫」が生じている状態だとも言えます。

このような「神経が正常に機能しづらい環境」になると、それはそれで苦しいのですし、長期間にわたると次第に感覚神経が機能低下して体の感覚が鈍化していきます。

こういう方がマッサージや鍼灸を受けると、施術直後はもちろん体が楽になりますが、

「血流が良くなって感覚が正常になると、一時的に痛みを感じることがあります。治る兆しですから心配しないでくださいね」

みたいにと伝えておいたほうが患者さんは安心してマッサージを受けられます。

痺れや痛みが出てもマッサージを継続すると、ちゃんと治まっていきます。

ただし、治療間隔が開けば体調が元に戻るため、しばらくは痛みや痺れを感じやすい時期がまた来てしまうので、定期的に治療が受けると良いということも伝えておきましょう。

▼無料メルマガを書いています

\50人以上が登録中/

良かったら登録して下さい。

↓↓↓

最後まで貴重なエネルギーを使って読んでくれてありがとうございま。イイネ!シェア歓迎です♪