過去記事を検索

不妊症でうつっぽくなる人と、心が元気な人との違いは?

不妊治療を経験する方の中には、抑うつ傾向を示す人もいれば、あっけらかんとしている人もいます。この両者の違いはなんなのでしょうか?

今回は、彼女たちのライフスタイル、発言、思考パターンに関して、治療院で見聞きした内容と、それに関する考察についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク




レジリエンスの3つの特性

不妊治療中に発生しやすい抑うつ感など心理的問題がありますが、「レジリエンス」という心理的特性を持つ方はを心理問題を抱えにくいのです!

レジリエンスの心理的特性として、

  1. 新奇性追求
  2. 感情調整
  3. 肯定的な未来志向

の3つが挙げられます。これは、不妊治療に限らず、あらゆる危機的状況を乗り越える際、レジリエンスの高さが重要です。

これをひるがえすと、変化を受け入れられず、感情が乱れやすく、ネガティブな人は抑うつ感を感じやすいということです。

妊娠・出産を経て女性のライフステージは激変するため、不妊治療で抑うつ状態に陥る方は、念願叶って妊娠しても、マタニティーブルー、産後うつ、育児ノイローゼなど経験するリスクも高いと言えるでしょう。

不妊治療を始める前からもともと悲観的だったとか楽観的だったとかあります。次に、来院した時点患者さんたちの性格傾向についてシェアします。

抑うつ的な人の特徴

  • 妊娠を口実に仕事を辞めたいと思っている
  • 仕事にやりがいを感じていない
  • 無趣味
  • 自分は運がないと思っている
  • 友人や同僚など相談相手がいない、あるいは不妊治療を隠している
  • ドクターに質問したいことがあっても聞けない

IMG_8197

明るい人の特徴

  • 趣味が充実
  • 不妊治療について相談できる友達や同僚がいる
  • 自分の仕事を楽しんでいる
  • 自分は強運だと思っている
  • 治療しても妊娠できなかったら仕方ないと既に割り切っている
  • 子どもがいない人生についてライフプランが立っている
  • 悩んでも切り替えが早い
  • 言いたいことはハッキリ言う
  • アップルウォッチのような新商品が出るとすぐに買う

ドクターの言動に傷ついたり腹を立てたりする人もいる一方、「医者なんてぶっきらぼうなもんでしょ」とドクターに対する人間的期待度が低いヒトはまったく気にしていません。

結論

患者さんがそもそも人生を楽しんでいるのか?

これが、不妊治療期間中に苦しむのか、軽やかに過ごすのかの違いでしょうか。自分の人生をどうしたいのか、大きな意味で方向性が決まっている方は、どんなときでも軸がぶれず、感情も乱れにくいです。

あるいはヨガを始めた、ウォーキングを始めた、という方は、運動でストレスを解消します。感情のコントロール法を新たに身につけていく人も精神的に安定できます。

不妊であるためにものすごく悩む方もいますが、人生という長い目で見ると、将来的には親の病気、自身の病気…etc様々な苦労や困難があるかもしれません。

どんなときでもしなやかに対応していけるレジリエンス。意識してみましょう。

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。記事を気に入ったらシェアしてください。

登録も解除も2クリック
↓↓↓

友だち追加(検索 ☞ @skp9162n
《原口 ひろみ 公式LINE@》174名が登録中

無料質問受付中・・・LINE@では一対一の秘密のトークができるのでお気軽に登録してください。

メルマガ形式で情報を不定期配信中。

《LINE@登録特典》

★食品添加物の小冊子
★自分の体で相性の良いものをみつけるアナログのテスト法を解説した動画

健康情報、最新情報、限定音声を受け取りたい方はぜひ登録してください。

スポンサーリンク

最後まで読んでくれたヒトはFacebookなどSNSでぜひシェアしてください٩( ᐛ )و↓↓↓