ブログテーマを更新視しました。

年齢別の妊娠率、出産率、ART成功率

年齢別の妊娠率、出産率、ART成功率

今回は妊娠にまつわる年齢別の統計データを紹介します。

年齢別の自然妊娠率、流産発生率、ダウン症発生率

どこでも見かける鉄板データです。

年齢 一周期の自然妊娠率 流産発生率 何らかの染色体異常の発生率 ダウン症発生率
25歳 25~30% 10% 1:300 1:1000
30歳 25~30% 10% 1:300 1:700
35歳 18% 25% 1:134 1:300
40歳 5% 40% 1:40 1:90
45歳 1% 50% 1:11 1:22

40代は妊娠率が低く、妊娠したとして半数近くが流産します。こちらのデータで、妊娠できて出産まで至る確率という目線でみると、

40歳で2%、45歳で0.5%となります。

40代でレディースクリニックを受診すると高確率でドクターにART(高度生殖医療;体外受精・顕微受精)を勧められるはず。

年齢別のARTの妊娠率・生産率・流産率

治療成績が35歳を過ぎるあたりから徐々に低下してきます。

赤でプロットされているのはET(胚移植)一回あたりの妊娠率であり、ここを見るとそれなりの成績が出ているように見えます。

しかし、青のプロットは1回の治療(採卵など)あたりで見ると妊娠率が下がる=ETまで到達できないヒトがいることを指し、

緑のプロットの生産とは出産率を指し、出産できるか?という点で考えるとき、40歳から10%を切り44歳以上はゼロ間近〜なります

日本産科婦人科学会調べ

楽に、かつ自然に妊娠したければ30代までというのがデータから見えますが、ヒトによって老化の程度や生活習慣がバラバラなので、妊娠の可能性が下がるのが39歳や38歳で来るヒトもいます(年齢不相応に卵巣が機能が低下している方は、それなりの原因がありますよ) 。

ARTと鍼灸を併用する方でも、同じくこの辺りが流産率が高いながらも妊娠できる限界のように感じます。

ARTで有名な加藤レディースクリニックは、45歳以上の方は新患受け入れ制限をしていますが世界的に見てもこの年齢でのARTの結果は芳しくなく、制度があれば卵子提供を利用するのが現状です(アメリカでは35歳以上で卵子提供をおこないます)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

無料メルマガ【ねころび通信】配信中

ブログでは書けない話
健康に生きる為の『流行に左右されない知識』
楽しく幸せに生きる為の『人生の創り方』をお伝えしていきます。
治療、各種イベントの先行案内も。
ぜひ、ご登録を。

未分類カテゴリの最新記事