女性ホルモンを整えるローズの香り

芳しい香りがするローズには女性には嬉しい効果をたくさんん持っています。ローズの香りは女性のセクシュアリティを高めてくれます。クレオパトラが寝室をローズの花弁で埋め尽くしたという逸話が有名ですね。今回は基礎的な香りの解剖学メカニズムについて簡単にお話しします。

香りと脳の関係

視覚情報が後天的に受けた教育や情報を蓄積する知性の座である大脳新皮質に伝えれる一方、

香り分子は鼻腔の嗅上皮を経て嗅細胞で電気信号に変換され、大脳新皮質を経由せずに大脳辺縁系にダイレクトに伝えられます。大脳辺縁系とは、情動の座(快・不快)。本能(食欲・食欲・睡眠など、)記憶をつかさどる部位です。

アロマテラピーとは、嗅覚刺激によって情動の座、本能の座である大脳辺縁系を賦活し、摂食障害、 不眠、抑うつ、性機能障害などの不調を改善することが期待されます。

ELL14051235_TP_V

ダマスクの風のホームページによると、

ダマスクローズは、ホルモン分泌の調整や女性を力づける働きがあるため、更年期障害、生理痛・生理前症候群、不妊の補助的療法として用いられることがあります。また、疲れた心を慰め、抑うつ、悲嘆、憂鬱、嫉妬、自己嫌悪、孤独感などを鎮めます。情緒を豊かにし、自己を肯定する勇気を与えてくれる作用もあります。
また、疲れた心を慰め、抑うつ、悲嘆、憂鬱、嫉妬、自己嫌悪、孤独感などを鎮めます。情緒を豊かにし、自己を肯定する勇気を与えてくれる作用もあります。

言葉を超えて感覚に働きかけるローズの香り

仕事で疲れた女性、不妊治療で落ち込んでいる女性とか、使ってもらいたいと思います。

ローズの香りはその中でも、とくにセクシャリティとの結びつきが強いようですが、ローズの精油が内分泌系の不調に効果する詳細な作用機序はまだ解明されていません。ローズ以外にもジャスミン、イランイラン、ネロリなどの精油も同様の効果があると言われますが、これら精油の抽出部位である花部が、受粉を担う花の生殖器であることが何か関連しているのかもしれませんね。

ホルモン分泌の調整や女性を元気付ける働きが期待できるローズの香りを取り入れたら、更年期障害、生理痛・生理前症候群(PMS) 、不妊治療の補助的療法としても活躍してくれそうです。

ブライダルにしても、デートにしても、重要な仕事の場にしても、幸せオーラや自信に満ちた女性は魅力的で。内面から香り立つ美を引き出すのを手伝ってくれるでしようね。
もちろん、男性もローズ残りを楽しむと癒されること請け合いですね