お知らせ
不妊治療×ファスティングの小冊子を8/26(土)販売開始します。詳細は⇒コチラ

赤ちゃんの抱っこで腕・肘が痛い

産後ケアにも鍼灸は有効ですが、乳児をお抱えのママさん・パパさんたちの登竜門として「赤ちゃんの抱っこで腱鞘炎になる」場合がありますが、そこまではいかないけど肘や、肘の下付近の腕が痛む方は多いです。

今年は担当する機会に恵まれていますので、どのあたりが治療点になるか記事を書きます。

赤ちゃんの抱っこで痛みを訴える部位

ツボでいうと手三里(長橈側手根屈筋と短橈側手根屈筋の間)に痛みを訴える方が断トツですね。男性でも抱っこ疲れが起きる部位です

橈側手根屈筋の作用は手関節の屈曲と橈屈(親指側に手関節を曲げる)なので、まさしく抱っこのときの手の動き

お姫様抱っこでを頑張り過ぎても痛くなりますね


また橈側手根屈筋は肘(外側上顆炎)に付着するので、合わせて治療すると、疼痛緩和の相乗効果や持続力が出ます。こちらはお灸で温めると良いでしょう。

曲池(肘)と手三里…赤丸部分

治療の補助

ツボの四瀆より親指1本ぶん上で、総指伸筋と小指伸筋との間に鍼を打ちます。これらの筋肉の作用は、第2~5指の関節(DIP関節、PIP関節)の伸展、親指の関節(MP関節)の伸展、手関節の背屈。

四瀆の上…赤丸部分

肩甲骨上の筋肉だと天宗(棘下筋)臑兪(棘下筋と三角筋後部線維) にも痛みを訴える方がたまにいます。

棘下筋の作用は肩関節の外旋(外に腕を捻る) 、三角筋後部線維の作用は肩関節伸展(後ろに腕をやる。

抱っこは肩関節屈曲(腕を前にやる)と内旋(内側に腕を捻る)  なのですが、 拮抗筋である肩関節を伸展させる筋肉と、外旋させる筋肉が、赤ちゃん(重たい!)を落とさないように腕を抱っことは反対方向に頑張って引っ張っている、というイメージですね。

腕が痛いという主訴でも、この辺りを含めて全体的に治療すると持続力が出ますね。


腱鞘炎を発症してしまうと完治まで2〜3ヶ月かかりますが、どんどん成長して体重が重くなる赤ちゃんの抱っこが原因で起きた腱鞘炎はさらに長くかかるかもしれません。予防したほうが良い症状と言えるでしょう。

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

《質問・感想も無料受付中》

あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)
読むだけで心も体も元気になる情報を不定期配信中。サロンの情報・限定情報・最新情報を受け取りたい方はぜひLINE@/メルマガに登録してください。
↓↓↓
《現在145名が登録中》
登録無料・解除2秒
原口ひろみの公式LINE@
↓↓↓
友だち追加
検索ID→@skp9162n

《メルマガも10名以上の方が登録中》
LINEをしていない方はこちらから★yahoo mail・gmailででの登録推奨★登録無料・解除1クリック★ストレスを減らして楽しく生きる方法も配信します。
↓↓↓

スポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございます!。記事をシェアしてもらえたら嬉しいです↓↓↓