女性に嬉しいローズヒップティーの美容効果

ローズヒップティーは、ローズの偽果から、一般に種子と言われる果実(小硬果)から針状の白毛を取り除いて熱湯抽出したものです。

 ローズヒップはレモンの20〜40倍ものビタミンC、フラボノイド、ペクチン、果実酸、リコピン、β-カロチンなどのカロチノイド、ビタミンEを含んでいます。

各栄養素やバイオフラボノイドに期待される効果

ビタミンC

ビタミンCは美白成分としてシミや色素沈着を防ぐうえ、コラーゲンの合成も必要なので、シワの予防にも役立ちます。

ペクチンや果実酸

腸内環境を改善して便秘を防ぐとともに、ニキビや吹き出物を防止します。

カロチノイド

カロチノイドは皮膚や粘膜を健やかに保ちます。

ビタミンE

ビタミンEは血行を促進します。

脂溶性の栄養素の摂取の仕方

カロチノイドとビタミンEは脂溶性(水に溶けない) なのでローズヒップティーの形では摂取できません。

最近ではローズヒップを粗く粉砕したタイプのものが市販されているので、それでティーを入れて出がらしを食べてしまえばカロチノイドやビタミンも丸ごと摂取できます。はちみつに混ぜると美味しく食べられるようです。

抗酸化ネットアーク

ビタミンCとビタミンE、それにフラボノイドなどは互いに相乗効果を発揮するという仕組みで皮膚の酸化・老化を防ぎ、これを抗酸化ネットワークと呼びます。よってビタミンC単体ではなくローズヒップの形で摂取する意義はここにあるのです。

嬉しいローズヒップティーの美容効果が沢山ありますね。

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

▼無料メルマガを書いています

\50人以上が登録中/

東洋医学の『養生法』を実践しよう♪ 感情を整え、人生を健康に幸せに生きるコツを不定期配信しています。良かったら登録して下さい。

↓↓↓

無料メルマガを登録する

スポンサーリンク


最後まで貴重なエネルギーを使って読んでくれてありがとうございま。イイネ!シェア歓迎です♪