特殊な鍼治療? 筋繊維を体外へ引き出して切る

今回は院長が鍼灸師会に参加したときに、その会に所属する先生から聞いた、特殊な鍼のやり方について紹介します。

特殊といっても、そのやり方を知っている鍼灸師と、知らない鍼灸師とがいる珍しい方法です。

鍼を患者さんの体に刺したとき、針を動かして刺激を与えるやり方が幾つかありますが、その中に鍼を回旋させる「旋撚術」という方法があります。

刺した鍼を回旋していると、やがて鍼体に筋繊維が絡んでくるので、これを引っ張って刺激を与えるようなやり方です。

筋繊維が絡んできたら、基本的にはまた繊維がほぐれるまで回旋を続けるか、そのまま鍼を数分間刺しっぱなしにする「置鍼術」をおこない、無理に引き抜かないのが原則です。

  

「特殊なやり方」は

「鍼体に筋繊維が十分に絡んでいるところで鍼を引き抜くことで繊維を体外へ引き出し、それをハサミで切る」というやり方があるのだそうです。

この話をしていた先生たちうちで、この方法を知っている先生は2人、知らない先生は2人だったそうです。知っている先生は「学校で習った」とのことでした。鍼灸の学校はいくつもありますから、とある学校にいる先生が生徒たちに教えて…という技なのでしょうか? 私もそのようなやり方があるとは初耳です。

お灸にも「家伝の灸」といって、とある疾患に対してその治療家が独自に見つけた効果的なツボがあったりします。

広く知られていない、独自のツボ・やり方というのはたくさんあるでしょうから、ちょっと貴重なお話を聞けました。

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

【登録者117名!無料メルマガ配信中】

●メルマガだけで読めるお話

●コミュニティで配信した情報のシェア

●人生の全体最適を構築するヒケツ

●治療、各種イベントのご案内

●メルマガ限定記事のパスワード

こんなことが無料で読めます。

 

メルマガ登録どうぞ~。

■無料メルマガ登録フォーム

yahoo mail または Gmailでの登録推奨です。

メルマガの解除は本文末尾より1クリックで可能です。

入力が完了したらこちらのバーをクリックしてください↓

 

 

【令和元年から新LINE@スタート】

登録者100人!

500文字以内でさらりと読めるココロとカラダの健康情報や、ブログ更新情報をお届け!

1対1秘密のトークができるので、ご質問もどーぞ。

登録無料・解除3秒

↓↓↓

検索 @kqu8975l

 

 

未分類
最後まで読んでくれてありがとうございます。シェア歓迎♪
LINE@からメッセージできます。ご登録どうぞ。
原口ひろみ 公式ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました