過去記事を検索

池袋の人気美容院Rifare(リファーレ)に行きました

先日、東京・南池袋にある美容院Rifare(リファーレ)に行きました。

こちらの美容院を利用している治療院の患者さんから

「大人の空間」

「あんな美容院ってほかに無いんじゃないでしょうか」

「マッサージが上手」

「出てくるハーブティーが美味しい」

などと評判を耳にして気になり、そろそろ髪の手入れをする時期にさしかかったので、行ってみました!

そして、結果を先に言いますと、

患者さんの評判は確かでした( ´艸` )

スポンサーリンク




サロン外観と受付

ビルの1階はお弁当屋さん。写真右下のドアからビルの中に入ります。エレベーターもあります。Rifareは2010年から営業しているそうです。

ベルベット生地の受付カウンターが印象的。ホームページでは受付と店内とが見える角度からの写真が掲載されています。

店内はゴシック風インテリアで大人っぽい雰囲気。

写真撮影は快諾していただけました。

サロンオーナーの増島史朗さん

ヘアカラー(M3Dピコカラー)

M3Dピコカラーというのを初めて聞きましたが、リファーレのHPによると、

カラーと同時にミネラル、ヒアルロン酸、数種類のタンパク質を入れます。ツヤ感バツグンです!さらに美容室リファーレではさらにピコカラー後に高濃度のヒアルロン酸、キトサン、シルクが贅沢に混合されたピコカラーを重ね塗りすることにより、より深みある色に染まりツヤ感をUPする高濃度ヒアルロン酸ピコカラーもございます。

私は真っ黒なのかと思っていましたが、地毛が明るめだそうです。弱い薬でやらないとすぐに髪の色が抜けてしまうそうです。髪質をきちんと見極めることが仕上がりを左右しますね。

オーダー

「髪の色は明るすぎず、知的な先生といういイメージを患者さんに与えたい」と伝えました。

混ぜたのは3つのカラー

  • ピンクで可愛らしさを出しつつ
  • パープルで凛とさせ
  • ショコラブラウンで濁らせ自然にする

のだそうです。

確かに、より深みのある色に染まりました。最後の私の写真が仕上がりの色に一番近いでしょうか。

薬剤が頭皮に触れると染みてしまいますが、ほぼ意識に上りませんでした。頭皮に薬剤が触れるとひんやりとした感覚がありますが、そういうのがなかったので、これは美容師さんの技術でしょう。他美容院でやってもらうと結構ヒリヒリします。

名言:「メラニン色素の無駄な殺生はしない」

15年前と比べ、地毛が明るいヒトが増えているそうです。そういう方は肌が弱いそうですが、私もなにかと皮膚に炎症が起き易いです。なので、皮膚が弱いヒト=髪が弱いヒト、となります。

「いかにお客さんの髪を痛めないか、いたわるか」ということに興味が無い美容師さんもいるそうで、そういう美容師さんに髪が弱い方がカラーを頼むと、大切な髪を痛めてしまうことになりますね。

「カラーの入れすぎで髪の痛みがひどいから、美容師さんからカラーを止められている」と話していた女性のお客さんが治療院にいたことを思い出しました。

ヘアカラーをしたあと特有の匂いがせず、シャンプーやヘアワックスの良い香りのほうが感じられたのは驚きました。頭皮がヒリヒリしづらく、匂いも抑える秘密がありそうですが…

詳細は最後に

ヘアカラー中の。店内のお客さんはこんな感じ

ヘアトリートメント(潤いコラーゲントリートメント)

洗髪とヘアトリートメントは頭のマッサージも兼ねますね。このときもフレッシュな香りを感じるちょっとした工夫がありました。

治療院の患者さんも増島さんのマッサージを気に入っておいででしたが、ヘッドマッサージで寝落ちする方が大半だとか。

増島さんからは「ヘッドマッサージについて」のマッサージのアドバイスを聞かれました。もっと技術を高めたいと日々考えておいでのようです。

髪の仕上がり

Before

After

ツヤツヤ

反対側からも。天使の輪っかができました。

ツヤツヤ

ちなみに、翌朝は目覚めがスッキリしたので、頭のコリが取れて眠りの質が良くなったのかな?と思いました。

最近は目に力が入りがちだったのですが、そのクセが解消されたので、知らず知らず、頭の筋肉が凝っていたのだな、というのも気づきました( ^ω^ )

女性にも(男性にも)嬉しい、こんなコダワリ

増島さんが味や香りにこだわった特製ブレンドのローズヒップティー。女性なら嬉しい秘密がいろいろと詰まっています。高級なホテルとか、そういうところで出てきそうな美味しさです。

カップの色とローズヒップティーの色の対比が鮮やか

最後に記念撮影

受付横のソファーにて。

奥のピンクの扉はトイレの扉。トイレでも「これは嬉しいな」という気配りがしてありました。

鳥かごの中に綺麗な青い鳥がいます。鳥かごって素敵ですね。

写真に猫のロゴを入れたので、なんだか猫が鳥を狙っているような気もします。

オーナー増島さんと記念撮影

お買い上げ!

仕上げにヘアワックスを塗ってもらいましが、こちらもローズのいい香り。そしてさらに髪にツヤが出ました。

つけてもらったのはproduct (プロダクト )のオーガニック ヘアワックス 。全成分が、シア脂*、ミツロウ。トコフェロール、ダマスクバラ花油。アロエベラ液汁*
*はオーガニック認証成分、全成分由来成分。

と書いてあります。 リップバームとしても使えるくらいに安全なものです。香りがとても良く気に入ったので、サロンで購入しました。

手のひらに収まるくらい小さいので、持ち運びが簡単

ローズの香りにいつでも癒されます。

冬はなおさら、リップケアやハンドケアにも使えるのは嬉しい

試供品をいただく

「シャンプーを変えてみるといいと思いますよ」ということで、増島さんからシャンプーとヘアトリートメントの試供品をいただきました。

CUREMENT HERBALのトリートメント商品の特徴は 成分の93%が植物由来原料(その50%以上がオーガニック認定) とクリーン水である高品質なもの。

香りがトップノートからラストノートまで変化するそうで、ミドルノートにローズも入っています。

リペアリングシャンプーは泡立ちがよく、ノンシリコンのはずなのに、洗うと指通りが滑らかになるのが不思議ですね。

マスクを使うと、翌日の髪のパサつきが軽減してまとまりやすい感じがします。カラーを入れた後の髪の保湿に役に立ちそう。

「Amazonでお得に買えますよ」と教えていただきました。髪から花の香りがするいい女になりたいと思います。

IMG_7790

感想:女ゴコロをわしづかみ!

治療院のお客さんの評判は確かでしたね。

使われるヘア関連の商品はいずれも、いかにお客さんの髪を傷めないか、優しいかを追求していますが、高品質なモノにこだわれるのは個人経営ならではの強み。

髪だけでなく、増島さんの「お客さまにどうやったら快適に過ごしてもらえるか・喜ばれるか」という配慮や工夫が随所に散りばめられており、

おっ、こんなこと他のサロンでなかったぞ

これは嬉しいなぁ

あ!こういうのも嬉しいな

これも嬉しいな

ということがもりだくさん。

これらひとつひとつはヒトによっては気づかないかもしれません。微差であっても最終的に大差になります。彼の小さな気遣いや、髪に対するこだわりを経験すると、価値のあるものをきちんと受けたいヒトは、もう他のサロンは物足りなく感じるのではないでしょうか? ちゃんと価値があるサロンとはこういうものか、と勉強になりました。

彼の仕事に対するモチベーションの高さは、お客さんに喜ばれたいとか役に立ちたいという「愛」ですよね。

われわれ治療家とも、ほかの職業でも広く共通するおもてなし精神に大変刺激を受けました。

おかげで私も将来自分の治療院を構えたら、

「自分の治療院もこれを取り入れたいなー」

「同じようなことを患者さんたちにしてあげたら喜んでいただけるかな」

妄想が広がり、ヘアサロンでワクワクしっぱなしでした。

Rifareは誰にオススメか

  • 経験豊富な美容師さんに担当してもらいたい方
  • 髪を大事にしている方
  • 肌が弱い方=髪が弱い方
  • オーガニックなど高品質なもの・価値あるものを求めている方
  • ヘアカラー独特の匂いが苦手な方
  • ローズの香りが好きな方
  • 大人っぽい落ち着いた雰囲気が好きな方

個人経営なので、小さなお子さんを抱えるママさんも、お子さんと一緒にいけます。あるいは、ご家族にお子さんを預けて一人の時間を満喫しても良いでしょう。

※たまにもう1組、お客さんと美容師さんがいることがあるそうです。

ELL14051235_TP_V

Rifare情報

ホームページ

フェイスブック

ツイッター

ホットペッパービューティーで予約状況の確認や、ウェブ予約ができます。私がお願いしたカット、カラー、トリートメントの3セット初回割引価格14,040円でした。

さらに!増島さんの3つのコダワリと、手軽にできるトラブルケア

後日、興味深いお話を教えていただきました。

特にこだわってるのは「水」です。信州大の繊維学部で作られている医療や工業レベルの精度の高い水です。
黒曜石がサブミクロンサイズで数億個が分散しており、添加した対象の化学物質を緩やかに分解します。ダメージも減るし、環境汚染にもなりません。経皮毒も軽減させます。黒曜石には常在菌のバランスを整える信号を菌達に送るので、皮膚にも良いです。

後は少し高額になってしまいますが、高分子のシルクも使用する時があります。
iPSやES細胞の培養する手段としてシルクが使われています。シルクには包摂作用があるので、カラーやパーマなどの施術を更に安全にする事ができます。
これらを4年前から使い始めて分かった事は、世に出ているあらゆる美容商材が「濃すぎる」ということでした。

いいシャンプーが見つからない、髪がパサつく、など日頃から思っている方は、薬局で精製水を購入して薄めて使ってみる事がオススメです。
それだけで皮膚トラブルが減るなど様々な体験談があります。数え切れない程の美容用品をチョイスしてお客様に提示するのがプロですが、
お客様側も、そうやって工夫して「基準」を作るとどれが合わなくて、こうするのがイイ。と自分なりの工夫ができるようになりますので、過大広告や大手メーカーのセレブが使用してます!みたいな物に振り回されなくなると思います。

薬剤の刺激を低くするために

  1. 黒曜石が薬剤の成分を分解して刺激を下げる
  2. シルクが薬剤の成分を包み込み刺激を下げる
  3. 不純物が限りなく存在しない精製水もちいることで、黒曜石とシルクが薬剤の成分だけに効果を発揮しやすくなる

薬剤を適当な水で希釈していたら、含まれる不純物に黒曜石やシルクが奪われて効果が落ちるし、不純物がどれくらい含まれているかがマチマチだと、効果の出方にバラツキが出て仕上がりをコントロールしづらくなりますね。

よって、どの程度の精製水を使うかが大切になるから、増島さんは特に水にこだわっているのでしょう。

私の読解力が追いついていたらこんな感じだと思います。この辺は私の脳内の話ですので、あしからず!

私は「ヘアカラー=髪が傷む」と思っていましたが、強すぎる薬剤を使っていたためで、推測するにこれがピリピリしづらくて、匂いが少ないヘアカラーの秘密でしょう。

ここまでの水準でこだわってる美容師さんってどれほどいるでしょうか?

ただのこだわりじゃなくて、こだわり抜いていますね。

これはもう彼の「愛」の賜物ですね(2回目)。
AI_IMG_7674_TP_V

精製水で使っているシャンプーを薄める

「それだけで皮膚トラブルが減る」こともあるそうです。こんな裏技があったとは。治療院のお客さんにも簡単におすすめできます。

シャンプーやボディーソープの成分は体にはあまり良くないのではないか、と治療院で話していましたが、洗浄力が強すぎるケミカル成分が多い商品を使うことで皮膚の常在菌のバランスを崩れることもあるでしょう。陰部を洗って、そこの常在菌のバランスが崩れた結果、カンジダ菌が増殖して不妊の原因になる、ということもありうるかも?

どんな商品を体に触れさせるのか、ちょっと考えてみたほうが良いかもしれませんね。

お客さんのことを考えるのは一緒!

ヘアカラーは髪を傷つけて脱色することから始まります。

鍼灸は患者さんの体を傷つけて自然治癒力を引き出します。

「いかに最小限のダメージで最大限の効果を引き出すか」を考えねばならない点が共通しますね。

また、

髪質を見極めて薬剤の濃度と塗布時間を調整する。

体質を見極め鍼灸の刺激量と時間を調整する。

この点も共通しますが、何も考えていない鍼灸師もいますね。

どんな業界でも、お客さんのことを考えるのは共通しますから、この点について改めて考える良い機会かいとなりました!

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。記事を気に入ったらシェアしてください。

登録も解除も2クリック
↓↓↓

友だち追加(検索 ☞ @skp9162n
《原口 ひろみ 公式LINE@》174名が登録中

無料質問受付中・・・LINE@では一対一の秘密のトークができるのでお気軽に登録してください。

メルマガ形式で情報を不定期配信中。

《LINE@登録特典》

★食品添加物の小冊子
★自分の体で相性の良いものをみつけるアナログのテスト法を解説した動画

健康情報、最新情報、限定音声を受け取りたい方はぜひ登録してください。

スポンサーリンク

最後まで読んでくれたヒトはFacebookなどSNSでぜひシェアしてください٩( ᐛ )و↓↓↓