『友だちの数は寿命で決まる』  

サブタイトルにもありますが、「つながり」が最高の健康法なのです。

“孤独な人は死亡率が2倍”なんて書かれると気になりますね。

私は仕事柄、たくさんの方とお話をしますが、本書を読んで、プライベートも充実したさせないといかんな~と身につまされました/(^o^)\

ぼっちはアカンのか!?

また、単に繋がればなんでも良いというわけでなく

「役職など重要なポジションについている」

「仲間と会うのが楽しみ」

といった要因でさらに長生きになるようです。

「社会の役に立っている!」といった自己重要感があると心はホットになるでしょうし、

ストレスフルな人たちと繋がるより「あの人たちに会うのが楽しみ~(ワクワク)⇒出会って笑う」なんという副次的効果もあるでしょう。

50歳までなら何をしなくとも健康、という方もそれなりに大勢いらっしゃいますが、50代からは衰えの時期。

そこからが、心身ともに健康的に過ごすことが大切になってくるので、趣味仲間でもなんでも良いのですが、定年退職したら孤独…ってあるあるですよね。

その他、つながりだけでなく、瞑想の仕方や幸せの定義などについても本書では触れています。

「つながり」という切り口から分析した健康。

読むと興味深いですよ!

《登録者40人超★心も体も人生も良くなる無料メールマガジン》

お役に立つ情報を無料で不定期配信中。

イベント・サービスについてもメルマガ内でお知らせしております。

メールマガジンのご登録はコチラから

最後まで貴重なエネルギーを使って読んでくれてありがとうございま。イイネ!シェア歓迎です♪