過去記事を検索
スポンサーリンク

ステップアップ治療が妊娠を遠ざける?

不妊治療におけるステップアップとは、妊娠するための治療の段階を徐々に上げていくことを刺します。上のステップになれば、より高度で最先端の技術を駆使するのです。

タイミング指導(まだ治療という段階ではありません)⇒人工授精⇒体外受精⇒顕微授精の順で生殖技術は高度になっていきます。

ステップアップ治療が妊娠を遠ざける理由

検査をして、夫婦ともに何も異常が見つからなければ「原因不明不妊」と診断されます。その場合、多くの施設では、まずタイミング指導を数周期、次に人工授精(AIH)を数回行い、それでも妊娠しなければ、「では、体外受精をやりましょう」と言われます。

『もっと自然に!不妊治療 KLCメソッドでママになる本』

うちに来院する患者さんは「 ステップアップ治療」をしている方が、多いです。高額な体外受精まで行かずとも自然妊娠できるのではないか、とか、人工授精(2万円)でも妊娠できるのではないか…とか淡い期待を抱きますよね、きっと。

患者をベルトコンベアーにのせてしまう。まるで「料金ステップアップ、やってみようか処置」と私には思えます。
さらに恐ろしいのは、ステップアップ治療をしているうちに、妊娠までに時間がかかることと、加えてhCGやhMGなどの排卵誘発剤の影響で卵子の質が低下する危険があることです。

通常、排卵時期にうまくタイミングを取っていれば、1〜2年以内には妊娠するはず。それくらいの年月が経っても妊娠しないと思ってレディースクリニックを受診して、夫婦どちらに問題が見つからず、そこから「タイミング指導ね」となっても、加藤レディースクリニック的には時間の無駄だということですね。

ただ、タイミング指導中に妊娠なさる方もいるので、まったく無意味とは言わないですし、乱れた生活習慣を改善する余地があるのであれば、生活を改善しながらタイミング指導をやってみるというのもアリでしょう。

しかし、このタイミング中や人工授精という段階で薬を使うのは良くないと感じます。いろんな患者さんを見ていると薬を使うのは体外受精のような高度な生殖補助医療のときだけ!というのがいいのかな、と思います。

高度な生殖医療に踏み切れば必ずしも妊娠できるというわけでもない、という難しい分野なのですが、薬による体の負担をいかに最小限にするかを考えねばならないでしょう。薬の副作用で妊娠しづらい体になってしまうこともある不妊治療はまさしく「薬漬け」の様相です。

その副作用を鍼灸治療で解消することが可能ですが、長引けば長引くほど、体内に残留する薬は増えていきます。いかに使用する薬を最小限にとどめるか、考えていかねばならないでしょう。

Amazonはこちら

では、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《質問・感想も無料受付中》

あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)
読むだけで心も体も元気になる情報を不定期配信中。サロンの情報・限定情報・最新情報を受け取りたい方はぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
《LINE@登録はこちらから》
おもに体のこと、健康ネタについて配信しています。体が整えば好きなことがやれるし、心も安定するのだ!
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク