過去記事を検索

鍼灸の受療率が低下している

[:ja]明治国際医療大学が2013年に発表した『鍼灸両方の受療率に関する調査報告』(調査したのは2009年)に よると、鍼灸療法単独の年間受療率は3.6%でした。

2015年の鍼灸のシンポジウムで、鍼灸の受療率が前年より低下しているという調査が報告されました。その報告によると、鍼灸を一度受けたっきりで終わってしまう方が多いようで、技術の低い鍼灸師に当たったのが原因であると分析されていました。

誰しも未熟な時期というものはありますが、なぜ受療率が減るほどに技術が低い鍼灸師がいるのでしょうか?

スポンサーリンク




鍼灸師の数は年々増えているものの

これは鍼灸の専門学校は規制緩和により乱立していることが背景にありますが、定員割れを起こしている学校がたくさんあるんですよね。こうなると、質の悪い学生の増加につながるようです。

また、卒業すぐはどこかの治療院で雇用され、最初は受付スタートで、院長や先輩に教えられて、場合によってはフォローしてもらい…などのような「下積み時代」を経て独立開業すれば、技術も経験も備わった先生にあたることになるでしょう。

しかし、卒後すぐに開業する先生(なんら問題はありません)も中に入るので、このような鍼灸師に当たると「ぜんぜん効かなかった」となって、ガッカリするかもしれません。

治療家にも得意不得意がある

たとえベテランの先生であっても、鍼灸の適応はすごーく幅広いので、すべての先生があらゆる疾患に対処できるとも限りません。

運動器疾患(肩こり、腰痛)が得意な先生に”うつ”の不調を訴えてもうまく治療できないかもしれませんし、”気の流れを整えます”とか東洋医学を前面に押し出している先生は西洋医学的なアプローチができないかも知れません。

このようにご自身の主訴と、先生が得意とする治療内容がかみ合わなかったら、良い結果が出ないかもしれません。そういった意味では近頃は「○○専門鍼灸院」と患者層を絞っている治療院が増えつつありますね。

私が勤める治療院の新患さんなかには「実は別の治療院で初めて鍼灸を受けてばかりで…」とお話をする場合があります。初めて受けた鍼灸に効果を感じなかったので治療院を変えてみたそうですが、諦めずによくぞウチに来てくれたなー(^_^;)と驚きます。

なので、この記事をご覧になった皆さん。鍼灸を初めて受けて効果がなかったとしても、あきらめずにほかの治療院に行きなおしてみてくださいね!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-TSU86_hunnwari-thumb-1000xauto-18114

鍼灸の受領率を上げるために、その裾野を広げる努力を鍼灸師が積極的にすると良い

私はプライベートで知人に鍼をちょっとしてあげることがあります。ターゲットは自分が長年親しんでいるスポーツ仲間なのです。基本的にスポーツに打ち込んでいる人たちは鍼灸の受療者が多く仲間内で鍼の評判を耳にする機会があります。そうして、鍼に興味を持つようになるけれど、どの治療院に行ってよいかもわからないし、本当に良いものか(体験したことがないし)わからないものにお金を出すのも不安、というのが本音だと思います。
なので、目の前にいる知り合い(=私)が、「タダで鍼を体験させてあげますよ~」と提案すると、ほぼ鍼を受けます。

私はそれなりの技術・経験があるので、大半の体の不調に対応することができます。腰痛のように「今、症状を感じているもの」なんかは即効で解消できる確率が高いです。そうして初めて鍼を受けたヒトに「鍼って凄いんだな」と最初に好印象を植え付けておけば、将来的にその方が鍼を受ける確率が上がるのではないか…と思って地道な種まきをしています。

私もたまたま趣味というつながりがあったので活動していますが、ここら辺は鍼灸師一人ひとりが明確な目的意識を持って取り組まないといけませんね。

鍼灸院というのは、基本的に患者さんが来るのを待つスタイルですが、 治療院から飛び出して、自分から営業をかけて名刺配りをしよう、顧客を獲得していこうという責めの姿勢が、同業者と話をしていても乏しい気がします。

スポーツ鍼灸をやる先生は選手の試合や合宿に帯同したりするので、行動力があるように思います。私ももともとそちら出身なので、  鍼灸本当にすばらしい治療法であるならば、自信を持ってアピールしていけばいいじゃないか!と思います。

そうして、 もっと裾野が広がるんじゃないでしょうか。
では、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。[:en]鍼灸関連のシンポジウムで、鍼灸の受療率が前年より低下しているという調査が報告されました。その報告によると、鍼灸を一度受けたっきりで終わってしまう方が多いようで、技術の低い鍼灸師に当たったのが原因であると分析されていました。

誰しも未熟な時期というものはありますが、なぜ受療率が減るほどに技術が低い鍼灸師がいるのでしょうか?

 

鍼灸師の数は年々増えているものの

これは鍼灸の専門学校は規制緩和により乱立していることが背景にありますが、定員割れを起こしている学校がたくさんあるんですよね。こうなると、質の悪い学生の増加につながるようです。

また、卒業すぐはどこかの治療院で雇用され、最初は受付スタートで、院長や先輩に教えられて、場合によってはフォローしてもらい…などのような「下積み時代」を経て独立開業すれば、技術も経験も備わった先生にあたることになるでしょう。

しかし、卒後すぐに開業する先生(なんら問題はありません)も中に入るので、このような鍼灸師に当たると「ぜんぜん効かなかった」となって、ガッカリするかもしれません。

治療家にも得意不得意がある

たとえベテランの先生であっても、鍼灸の適応はすごーく幅広いので、すべての先生があらゆる疾患に対処できるとも限りません。

運動器疾患(肩こり、腰痛)が得意な先生に”うつ”の不調を訴えてもうまく治療できないかもしれませんし、”気の流れを整えます”とか東洋医学を前面に押し出している先生は西洋医学的なアプローチができないかも知れません。

このようにご自身の主訴と、先生が得意とする治療内容がかみ合わなかったら、良い結果が出ないかもしれません。そういった意味では近頃は「○○専門鍼灸院」と患者層を絞っている治療院が増えつつありますね。

私が勤める治療院の新患さんなかには「実は別の治療院で初めて鍼灸を受けてばかりで…」とお話をする場合があります。初めて受けた鍼灸に効果を感じなかったので治療院を変えてみたそうですが、諦めずによくぞウチに来てくれたなー(^_^;)と驚きます。

なので、この記事をご覧になった皆さん。鍼灸を初めて受けて効果がなかったとしても、あきらめずにほかの治療院に行きなおしてみてくださいね!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-TSU86_hunnwari-thumb-1000xauto-18114

鍼灸の受領率を上げるために、その裾野を広げる努力を鍼灸師が積極的にすると良い

私はプライベートで知人に鍼をちょっとしてあげることがあります。ターゲットは自分が長年親しんでいるスポーツ仲間なのです。基本的にスポーツに打ち込んでいる人たちは鍼灸の受療者が多く仲間内で鍼の評判を耳にする機会があります。そうして、鍼に興味を持つようになるけれど、どの治療院に行ってよいかもわからないし、本当に良いものか(体験したことがないし)わからないものにお金を出すのも不安、というのが本音だと思います。
なので、目の前にいる知り合い(=私)が、「タダで鍼を体験させてあげますよ~」と提案すると、ほぼ鍼を受けます。

私はそれなりの技術・経験があるので、大半の体の不調に対応することができます。腰痛のように「今、症状を感じているもの」なんかは即効で解消できる確率が高いです。そうして初めて鍼を受けたヒトに「鍼って凄いんだな」と最初に好印象を植え付けておけば、将来的にその方が鍼を受ける確率が上がるのではないか…と思って地道な種まきをしています。

私もたまたま趣味というつながりがあったので活動していますが、ここら辺は鍼灸師一人ひとりが明確な目的意識を持って取り組まないといけませんね。

鍼灸院というのは、基本的に患者さんが来るのを待つスタイルですが、 治療院から飛び出して、自分から営業をかけて名刺配りをしよう、顧客を獲得していこうという責めの姿勢が、同業者と話をしていても乏しい気がします。

スポーツ鍼灸をやる先生は選手の試合や合宿に帯同したりするので、行動力があるように思います。私ももともとそちら出身なので、  鍼灸本当にすばらしい治療法であるならば、自信を持ってアピールしていけばいいじゃないか!と思います。

そうして、 もっと裾野が広がるんじゃないでしょうか。
では、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。[:]

記事が役に立ったりみんなに教えたいと思ったらシェアしてね٩( ᐛ )و↓↓↓


《LINE@で質問・感想も「無料で」受付中》
LINE@でのトークは1対1なので気軽に話しかけてください(^∀^)
あなたの疑問はみんなの疑問!無料相談は匿名で記事ネタにすることがあります)⇒LINE@の過去の配信や相談はコチラ

《こんなことに思い当たりませんか?》
□気を遣いすぎて気づかれしてしまう。
□仕事が終わるとクタクタ。
□寝落ちして体が休まらない。
□朝起きるとダルくて疲れが抜けていない。
□体になにか良いことをしようと思うけど、どうしたらいいかわからない。

《LINE@でエネルギーマネジメントのコツを不定期配信中》
エネルギーマネジメントをするとこうなります★
□体力を温存できるからできることが増える
□朝すっきりと目覚めて気分が良く1日が始まる
□やる気が湧いて行動力が出てくる
□自分がやりたいことにエネルギーを注げるから人生が充実する
□ちょっとした元気になるコツを知ってすぐに実践できる

《登録無料・解除2クリック!》
エネルギーの浪費を避け、本当に注ぐべきところにエネルギーを投資する! エネルギーマネジメントをして元気で楽しい日々を送りたい方は、ぜひLINE@に登録してください。
↓↓↓
友だち追加
検索ID→@skp9162n

スポンサーリンク